fc2ブログ
01 | 2024/02 | 03
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

慶應義塾體育會射撃部

Author:慶應義塾體育會射撃部

アクセス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

インカレ 島村

2023.11.02 10:57|大会
お世話になっております。
慶應義塾体育会射撃部3年の島村優佑です。

2023 年度 全日本学生スポーツ射撃選手権大会(通称インカレ)について報告させていただきます。
はじめに結果といたしましては、
AR60が585.0、FR3×20が535 P60が604.2点でした。

一つ一つ、振り返りをさせていただきます。

ARについては、1,2,3シリーズまでは実力通りのパフォーマンスを発揮することができましたが、
後半は体力の消耗から下半身からの揺れが伝わり、失速してしまいました。

SB3姿勢については、直前の東西六大学定期戦で548点と自己ベストを更新できており、自信があって望んだのですが、
インカレ特有の緊張感から自身を律することができず、最も自身のあった膝射で思うように撃つことが出来ませんでした。
立射は、ARと同様に体力面での課題と、銃の前後の重さのバランスがまだしっくりきていない状態で挑んだことで、思うように
撃てなかったという点を、今後の課題として精進して参ります。

伏射では、P60で秋関本戦で606.9点と自信を持って優勝を狙っていたのですが、全国の壁は厚く17位という結果に終わりました。
慶早戦が控える中、打倒早稲田大学のためには、伏射での好成績が必須であると考えております。
慶早戦で勝利すべく、なんとしても伏射の成績を伸ばせるよう、日々練習して参ります。
とはいえ、「寝たきり大学」の名を再び呼び戻さぬよう、3姿勢の練習は怠りません。

現在、我々現役生は、慶早戦連覇に向け、各々が活躍できる場において成績を伸ばせるよう日々練習しております。
このような練習ができるのは、紛れもなくOBOGの方々のご支援のおかげであります。この場をお借りして感謝申し上げます。

今年度の慶早戦は、私にとって今までになく思い入れのあるものとなっております。
理由といたしましては2点ありまして、1点目は連覇がかかっているから、2点目は総会や一木会、新入生歓迎会等を通じて先輩方と関わる機会が増えたからであります。
コロナ禍以降、先輩方とお話させていただく機会が増え、より身近に感じることで先輩方の熱意や期待に応えたいという思いが増しております。
私自身、今年度は熱意・期待に応えられていない成績ですので、慶早戦において今年度の有終の美を飾るべく、気を引き締めております。

最後になりますが、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

S__46129162_0.jpg

インカレ 小林敏晴

2023.11.02 10:54|大会
ちわ

最後にブログを書かせていただいてから早2年、久しぶりに書かせていただくことになりました。3年ARマスターの小林敏晴です。時が経つのは早いもので、もう3年生も終わってしまうのかと戦々恐々としております。
また、最近はだんだんと寒くなってきており、秋への移り変わりを感じております。皆様はいかがお過ごしでしょうか?自分は朝寒くてベットから出られず授業に遅刻しそうになることもしばしばです。部活は頑張って行っております。

そんなことはさておき、今回は10/19から10/22日まで栃木県ライフル射撃場で行われた全日本学生スポーツ射撃選手権大会について書かせていただきたいと思います。本大会で私はAR・SBともにレギュラーとして出場させていただいたので、まずは男子団体の結果からご報告させていただきます。本塾の結果といたしましては、

男子総合団体 6位
男子AR団体 8位
男子SB団体 5位

となりました。全体的に悔しい結果となりましたが、SBについては3位まであと9点差と今後に希望を感じられる内容でした。ARマスターとしてARについても全国トップを狙えるようにAR陣を引っ張っていけたらと思います。

次に、私個人の結果といたしましては、
AR60 609.4点 (23位)
SB3×20 569点 (6位)
SB3×20final 421.6点 (4位)

となりました。ARではARマスターとしてもっと部を引っ張れるような点数を撃ちたかったのですが、実力を発揮することができませんでした。今後はレギュラーとして恥じない点数を撃ちたいと思います。一方でSBについては悔しいミスが何回かありながらも全体6位でfinalに出場することができ、最終的には全体4位という結果を残すことができました。インカレでの初finalで善戦できたことは自信になりましたし、さらなる上位を目指す中で今後に繋がる良い経験になったと感じています。
(SB伏射については秋関予選にて535点という3姿勢よりも低い点数を撃ってしまったことから出場しておりません、、ご容赦ください。今後は頑張ります。)

今回のインカレは、団体としても個人としても、満足のいく結果にはなりませんでしたが、今シーズンはこれで終わりではなく、11月2週目には冬季大会が、19日には慶早戦が控えています。1年の締めくくりであり、最も重要な大会の1つである慶早戦でしっかりと実力を出し切り慶應の勝利の一助となれるよう引き続き努力していきたいと思います。慶早戦でOBの皆さんにお会いし、OBの皆さんの前で撃てることを楽しみにしております。

最後になりましたが、先輩方やOB、OGの皆様には多大なるご迷惑をおかけすると思いますが、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

した

S__46129160_0.jpg

秋関本選 別府

2023.10.02 19:39|大会
お世話になっております。射撃部2年の別府です。

先日栃木射場で開催された、関東学生スポーツ射撃選手権秋季大会の伏射60発に出場いたしました。

結果といたしましては、584.6点となりました。目標の590点に達することができず、悔いが残る結果となりました。

今回の大会の結果はインカレに影響するということもあり、試合が始まった直後はとても緊張してしまいました。また、伏撃において心臓の鼓動は大きな揺れを生じてしまうので全然銃が止まらず1シリーズ目を撃ちました。結果は99.8点で悪くはなかったのですが、あまりにも止まらなかったので一回休憩し、2シリーズ目以降に臨みました。しかし左肘の位置に納得がいかず、94.8、97.8、95.9と悔しい結果に。なかなかうまくいかず焦るところを深呼吸で切り替え、集中して5,6シリーズへ。97.1、99.2とやっと調子が戻ってきたところで撃ち終わりました。

うまく試合の流れがつかめず、悔しい結果になってしまった試合でしたが、多くの気づきを得られた試合になりました。インカレまでに、今回の反省点を生かして基礎から見つめなおし、より良い結果を出せるよう、精進して参ります。

最後になりますが、OB・OGの皆様には日頃から多大なご支援を賜り、大変感謝しております。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

S__45752345_0.jpg

秋関本選 三村

2023.10.02 19:37|大会
お世話になっております。
射撃部2年の三村愛依です。

9月15日より3日間に渡って栃木県総合射場で開催された秋季関東大会本選にて3姿勢に出場させていただきました。
SBを所持してから初めてのブログとなるため拙い文章ではありますが最後までお付き合いいただけると幸いです。

AR射場からSB射場へと練習拠点を移してから早くも半年が過ぎ去ろうとしております。
初戦である春季関東大会で自己ベストを出して以降、毎大会ごと点数が下り続けることに悩んでおりましたが、今大会で久方ぶりに525と自己ベストには届かずとも点数が回復し、喜びを覚えております。
また、Kの1シリーズ目やSで点数を落としてしまう・Pの射撃姿勢を取り続ける体力がないなどなど明確な課題発見ができ、反省点が見つかる有意義な大会にすることができました。

今大会の反省点を踏まえ、次回大会であるインカレに向けて合宿では諸先輩方の姿勢を拝見させていただいたりアドバイスをいただくなどし、一歩ずつ確実に成長していく所存であります。

最後になりますが、OB・OGの皆様には日頃から多大なご支援を賜り、大変感謝しております。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

S__45752344_0.jpg

秋関本選 東山

2023.10.02 19:36|大会
ちわ

ご無沙汰しております。射撃部2年の東山和樹です。

今回ついにブログを書いてくれとのお達しが来てしまったため、頑張って書きたいと思います。拙い文章ではありますが、読んでいただけると幸いです。

さて、先日行われた秋関本戦ですが、僕にとってSB三姿勢、伏射60発競技の二試合目となりました。

三姿勢初戦の秋季東京六大学定期戦では、513点というなんとも情けない点数を出してしまったため、どうにかしてまともな点数を撃とうと挑んだ試合でした。

結果といたしましては、SB三姿勢で515点、伏射60発競技で575.8点と、三姿勢のベストは更新できたのですが、また同じような点数を出してしまいました。

敗因といたしましては、ただ単純に自分の練習不足や据銃不足、試合経験の少なさだと考えています。

しかし、よくない点数ではあったものの、ARの感覚がまだ残っているSではしっかりと止まって撃つ感覚を掴めたため、学びにはなったと感じております。
また、まだまだ焦る時期ではないと様々な先輩からアドバイスをいただいたので、ゆっくりと練習を重ね、最終的には部の戦力になれるよう精進させていただきます。

またARに関してですが、秋関予選を体調不良により棄権し、本戦、全日本は出場資格を失ってしまうという失態をさらしてしまいました。

ARも出れず、SBもなんとも言えない点数を出してしまい、悔しさに溢れる秋関本戦となってしまいました。しかし、悔しさをバネにし成長するのはとても得意だと自負しておりますので、今後は僕の成長をARでもSBでもお見せできればと思っております。

最後になりましたが、先輩方やOB、OGの皆様には多大なるご迷惑をおかけするかと思いますが、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

した

S__45752342_0.jpg