fc2ブログ
01 | 2024/02 | 03
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

慶應義塾體育會射撃部

Author:慶應義塾體育會射撃部

アクセス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

射撃部生活を振り返って 這越

2023.12.29 18:01|未分類
ご無沙汰しております。
射撃部4年の這越天音です。

11月19日に行われました慶早戦にて、4年間の射撃部生活に幕を閉じ、引退いたしました。

最後のブログになりますので、僭越ながら4年間の射撃部生活を振り返りたいと思います。

私の射撃部4年間は誰よりも濃かったのではないかと自負しています。
低学年は、コロナの感染対策で学校がすべてオンラインになり、部活も活動停止を強いられていました。1年春学期は地元福岡で過ごしており、異例の10月入部で射撃部生活を始めました。不安もありましたが、同期や先輩方とのかかわりの中で自分の役割や、強みを知ることが出来ました。一方で学連や部の仕事で失敗をして弱みを知り、ご迷惑をかけることもありましたが、丁寧に指導してくださったおかげで成長することが出来ました。
4年生では学連の連盟幹事長と主将の兼任という無謀な挑戦をしました。この選択を後悔することもありましたが、自分の限界を知るいい機会でした。壁にぶつかることもありましたが、学連員と協力して乗り越え、すべての試合運営を抗議ゼロで連盟幹事長を務めあげました。

連盟幹事長を引退した10月にこのまま卒業していいのか、とふと思いました。これまで運営を通じて、射撃部の裏方として貢献してきたつもりでした。しかし成績を残せたことはなく、納得した成績を出せないまま卒業して後悔しないかと考えました。
そこで最後の1カ月ぐらい悪あがきをしようと、P60に絞って練習に取り組みました。佐々木コーチや中央大学の友人に沢山指導してもらい、自分の改善点に向き合い、左腕が腱鞘炎になるほど練習しました。
その結果、早慶戦では601.3点を出し、伏射1位という最初で最後の表彰台で選手を終えることができました。
慶早戦をもって引退となり、射撃部を無事後輩に引き継ぎ、主将としての役目を終えました。

たくさん失敗しご迷惑をおかけすることもありましたが、「連盟幹事長」「成績」「主将」という個人的な三冠を達成でき、私は思い残すことなく部活を卒部できました。

最後になりますがこの4年間OB、OGの皆様、同期、家族、そして後輩のみんなに支えて頂き、引退を迎えることができました。
4年間関わって下さった多くの方々に感謝いたします。ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント:

非公開コメント