fc2ブログ
12 | 2023/01 | 02
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

慶應義塾體育會射撃部

Author:慶應義塾體育會射撃部

アクセス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ビーム大会 長谷川

2022.07.05 09:00|大会
お忙しい時間に失礼致します。
射撃部1年の長谷川です。

自己紹介に続き稚拙な文章ではありますが、お読み頂けると幸いです。

まず私の成績からお伝えすると悔しいことながら、177点、男子6位という結果を残すことになりました。
試射の時間にはこれまでにないと思えるくらい安定して10点を連発していたのですが、本射に入りMatch firingと号令がかかった瞬間とてつもない緊張が押し寄せてきました。先輩方から大会時の緊張についてお話しは伺っていましたが、想像していた以上で、試合の前日佐々木コーチに教えていただいたやり方でできる限り体の震えを抑え、周りがどんどんいなくなっていく中、なんとか20分ギリギリの時間を使って打ち切りました。

同期に比べ入部したのが1ヶ月ほど遅かったので、その割にはなかなか健闘しているんじゃないかという励ましのお言葉も先輩方から頂きましたが、自己ベストを出して優勝してやろうという意気込みでいたので、恥ずかしいとともに言いようのないほど悔しい結果でした。今回の大会は男女ともに上位8位までが入賞となるため、ギリギリで賞状を頂くことができましたが、小数点以下は反映されないということを勘案しても、自己ベストを20点下回る点数であったためとても納得できるものではありませんでした。点取りをしていただいたり、さまざまなアドバイスや応援をくださった先輩方にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

この悔しさと先輩方の恩に報いることを胸に、次の大会で最高の結果を出すことを目指して日々の練習に励んでおりますが、最近本当によく感じることは周りに優秀な先輩方、そして何より同期たちがいる事のありがたさです。日々皆んなに支えられながら、同時に、良きライバルとしてお互い切磋琢磨し高め合っていけています。仲間たちとともにこれからさらなる高みを目指し最大限努力する所存です。

最後になりますが、僕たちがこうして活動できるのはOB、OGの方々のお陰です。皆様には今後も多々ご迷惑をおかけするかと思いますが、引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
20220705084537248.jpeg
スポンサーサイト



コメント:

非公開コメント