FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

慶應義塾體育會射撃部

Author:慶應義塾體育會射撃部

アクセス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

秋季東六 北村

2018.09.25 18:21|未分類
お忙しい時間に失礼いたします。
射撃部三年、広報の北村です。

夏休みが終わり、学校が始まりました。
近頃は、暑さも和らぎ過ごしやすい日が続いていますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、9月22日に秋季東京六大学定期戦が長瀞射場で行われました。
本戦も終わり、全日への調整ができた部員も多かったのではないでしょうか。
ARでは初レギュラーを務める部員、SBを持ち始めて初の50mP60に出場した部員がいたりと、各自収穫の多い試合になっていたと思います。

さて、本塾の結果といたしましては、
総合団体で3424.8点 四位
10mS60 1764.8点 四位
50m3×20 1660点 四位
でした。
個人では、多数の部員が入賞いたしました。

私事ですが、今回の東六で念願の三段を獲得しました。
同期はほぼ二年で獲得していたにも関わらず、私は三年目でやっとでした。
ここまで来る道のりはとても非常に長かったです。
点数は、575.9点と、三段のボーダーぴったり!
撃ち終わった後、モニターを見てひやひやしました(笑)
しかし、夏合宿で撃ち残しをし、過去最低点を出し、秋関では予選落ちをしていた去年の私と比較すれば、今年は本戦も通過し、全日にも出場できるということで、一年間で大きく成長できたのではないかと思います。豆腐メンタルも多少強くなったのではないでしょうか。

こうして、私が三段を獲得できたのは、装備や環境を支援してくださるOBOGの皆様や監督、いつも見捨てることなく励まし指導をしてくださった先輩方や、時には厳しいアドバイスをしてくれた同期、次々と三段を獲得していき私の刺激になっていた後輩の存在のおかげです。
大会後、自分のことのように喜んでくれた部員もいて、私は仲間に恵まれていると心から思いました。諦めずに練習に取り組んできて本当によかったです。

ここで満足することなく、次回の練習からは、新たな目標を立てて、さらに向上心を持って練習に取り組んでいく所存です。

東六が終わり、埼玉大会、早慶法立、全日と、大会が続きますが、体調管理に十分気を付けて、部員一同精進してまいりたいと思います。
OBOGの皆様、今後も本塾射撃部のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいいたします。
秋東六 北村


スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント