fc2ブログ
01 | 2023/02 | 03
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

慶應義塾體育會射撃部

Author:慶應義塾體育會射撃部

アクセス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

自己紹介をさせていただきます

2016.07.02 07:21|自己紹介
 お忙しい時間に失礼いたします。射撃部一年、法学部法律学科の米村です。
 まず先日行われたビーム大会について触れる前に、自分を軽く自己紹介したいと思います。自分は中学校、高校(慶應義塾中等部→志木校出身)では、軟式野球をやっていましたが、その分、団体スポーツではなく、個人スポーツをやってみたいという気持ちから、また何か新しいことをやってみたいという気持ちもあり、射撃部に入部いたしました。
 早速ですが、個人的な趣味といたしましては、プロ野球(横浜DeNAベースターズのファンです)なのですが、最近毎日がとても忙しく、結果をただ夜のスポーツニュースで見ることしかできないという少し悲しい人生を送っています。ですが、この夏に射撃部の一年生で、浜スタに野球を見に行くという僕にとってはよき思い出になるであろう予定があり、今からとても楽しみです。(←それほど部員の仲が良いということです。)
 軽く、自分について自己紹介するとともに、近況を報告したところで、ビーム大会について書こうと思います。ビーム大会では、得点は190.6点であり、自分の目標としていた190点を超えることができ一安心しております。実を言いますと、前日の点取りでは、いつも以上に緊張して、不甲斐ない結果でありました(大会のことを考えたら、足が極度に震えてしまいました...)
しかし、僕にとって感銘を受けた、魔法の言葉”tomorrow is another day”を思い出し、ポジティブな気持ちで大会に臨むことができました。その結果、自分が納得する点数につながったと思います。しかし、それと同時に今大会では一発の重みというものも感じました。わずかの点差で、順位が目まぐるしく変動するスポーツであると再認識し、技術はもちろんのこと、精神面が非常に重要なスポーツであると思い、やりがいを今は感じています。
 以上のことを踏まえ、僕の中では、今大会の結果に満足することなく、ひたむきに努力していくと同時に、少しでも上達するために、練習中撃つときに毎回その日の目標を立てながら練習したいと思います。そして、夏合宿を経て、成長し、次に行われる僕にとっては初めてのARでの大会で、頑張りたいです。
 最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。また、これからもご指導の程よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



コメント:

非公開コメント