fc2ブログ
02 | 2022/03 | 04
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

慶應義塾體育會射撃部

Author:慶應義塾體育會射撃部

アクセス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

新人戦 新保

2022.03.23 10:09|大会
初めてブログを書いてからちょうど一年が経ちました。射撃部2年の新保です。

新人戦の主役である後輩たちの成長に喜びを感じております。私自身はSB三姿勢・伏射の初試合ということもあり1年生たちと同じような気持ちで試合に臨みました。

SBの所持が遅れに遅れ練習は2月末からの開始となりました。(昨年もこんな感じだったような……) コーチの皆様、神田主将、足助さんからのご指導をいただき20日間で仕上げる(仮)ことができました。この場をお借りしまして、深く感謝申し上げます。

この数週間を振り返ると、新たにK・Pの姿勢を覚え、空撃ち練習を行い、長瀞にて着弾点の調整を行ったところ迄で試合日が来てしまいました。当日には電的の切り替え方を知らないことに気がつき、慌てて吉野さんに教えていただきました。この場をお借りして、感謝申し上げます。先輩方、同期、後輩と当日サポートをしていただいたことで、体力面メンタル面においても試合を乗り切ることができたと思っております。感謝の気持ちでいっぱいです。

結果といたしましてはAR60 610.4点、SB3×20 563点、P60 598.7点と予想外の結果が残せたように思います。今回は目標設定を行っておらず「行けるところまで頑張ろう」と心に決め、安全面に細心の注意を払いながら時間内で撃ちきることに集中しました。荒削りではありますが三姿勢はSとPが安定していました。SではARの相棒FWB800Xのセッティングをブライカーに完全再現しました!手に馴染むレーサーの高さとチークの位置がお気に入りです。慣れないKでは本射開始後すぐに6点7点と失点してしまい、1シリーズ目は88点と悔しい結果となりました。

ということで、急遽今月末SBのランクリストに参加してきます。

SBの試合を終え、改めて射撃の面白さを噛み締めております。記念館射撃場という恵まれた環境の中でさらなる高みを目指し、精一杯努力していく所存です。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
20220323100910da7.jpeg
スポンサーサイト