fc2ブログ
08 | 2018/09 | 10
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

慶應義塾體育會射撃部

Author:慶應義塾體育會射撃部

アクセス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

秋季東六 佐々木

2018.09.30 22:30|未分類
お忙しい時間に失礼致します。射撃部三年の銃管理係、フィジカルトレーニングマスター、次期主将の佐々木です。

9月は就職活動で忙しかったですが、無事に秋季東京六大学定期戦に参加することができました。3姿勢では3年生男子が3人レギュラーとして出場し、私もその一人として試合に臨みました。おそらく来年を見据えた布陣だったのですが、根本が563、私が556、米村が541と安定したスコアを出すことで順調なスタートを切ることができました。個人的には根本くんに負けたことが気に食わないので、全日本大会では見返してやろうと思っています。

もちろん勝つ見込みはあります。というのも、宇津木先輩のご寄付によりグリューニッヒ+エルミガー社の新品の銃を購入していただき、昨日受け取りました。以前までは西ドイツ製のライフルを使っていたので、銃の性能が大幅に向上しました。手にしなくとも違いは一目瞭然です。このライフルなら日本一も夢ではないので、それを目標に今後頑張ります。また、恵まれた環境下での部活動を可能にしてくださる宇津木先輩を始めとしたOB会の先輩方への感謝の念を忘れず、試合にて結果を残すことで期待に応える所存です。

今後とも宜しくお願い致します。

S__19071069.jpg
スポンサーサイト



秋季東六 羽藤

2018.09.30 22:16|未分類
お忙しい時間に失礼致します。射撃部2年の羽藤です。

9月22日に秋季東京六大学定期戦が長瀞射場で行われました。本塾の主な結果は北村さんが一つ前のブログで紹介していますのでここでは省略させて頂きます。ARやSBを持ったばかりの部員はよい実戦経験になったと思いますし、そうでない部員も今後に控える大きな大会へのいい刺激になったのではないかと思われます。

さて、私はARS60Mで出場しました。前回の秋関予選では全く調整が上手くいかず、暴発もあり予選落ちになってしまい非常に悔しい思いをしました。しかし今回の東六では夏休み中の練習や合宿での先輩、コーチの助言もあってか安定した射撃を行うことができ、自己ベストである583.9点を取ることができました。自己ベストを取れたとは言えここで終わってしまっては意味がないので、より高い点数を目指すために今回良かった点、悪かった点をしっかり見直していきたいと思います。

話は東六から逸れてしまいますが、私はSBを持たず4年間ARに専念します。近年、OBOGの方達の多大な支援もあって多くの部員がSBを持つことができています。故にARに専念する部員というのは少なく、同期では私含め2名しかおりません。部員が最初に持つ銃であるARの指導は非常に重要だと思いますので、AR専である私も十分な指導が出来る実力を持つため、今後も練習に励んでいきたいと思います。

最後になりますが、OBOGの方々には今後も多々ご迷惑をおかけするとは思いますが、部員一同精進して参りますので、引き続きご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
秋季東六 羽藤

秋季東六 後藤

2018.09.30 22:15|未分類
失礼いたします。射撃部4年の後藤です。
今まで書く機会に恵まれず、四年目にして初めてブログを書かせていただいております。

さて、本題ですが今回は9月22日に長瀞射撃場にて開催された東京六大学定期戦について振り返りをさせていただこうと考えています。
全体に関しては後輩が述べてくれたので、私からは個人的な雑感について述べさせていただこうと思います。

今回、私は三姿勢と伏射両方の種目に出場させていただきました。スコアとしては納得しかねるものでありましたが、来月行われる全日本大会に向けて新たな課題を発見することができたと感じております。
また、就職活動でしばらく大会に出場することができていなかったためか、「緊張」による揺れを今回強く感じました。改めて射撃といった競技の繊細さや難しさを認識し、新鮮な気持ちで競技に向き合うことができたと感じた大会でもありました。

引退まで残り数試合となりましたが、その中で同期や後輩に負けないようなスコアを出せるようにこれからも練習に励んでいきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
秋季東六 後藤