fc2ブログ
06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

慶應義塾體育會射撃部

Author:慶應義塾體育會射撃部

アクセス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

選抜大会2017

2017.07.03 21:22|大会
ちわ。

ビーム大会のブログに引き続き、射撃部1年の原田が担当いたします。

7月1日~2日で第21回日本学生選抜スポーツ射撃競技大会に行きました。

1日目はP60で井尻さんと宇山さんがファイナルに進出し、井尻さんが1位、宇山さんが8位に入賞いたしました!本当におめでとうございます。

2日目は、井尻さんが三姿勢競技のファイナルに進出し、3位に入賞いたしました!本当におめでとうございます。

2日とも参加した一年生は私だけで、きちんと仕事がこなせるかどうか不安でしたが、先輩方のサポートもあり無事に大会を終えることができました。一つ心残りなのが、人数の関係で2日目の井尻さんの応援することができたのが私だけだったので、他の大学の応援に圧倒される形となってしまいました。恥ずかしがらずに、もう少し声を張って応援すればよかったと後悔しております。

選抜大会ということもあり、強豪選手がたくさんいらっしゃったので、隙間時間でいろんな選手の撃っている様子を見学でき、とても充実した時間を送ることができました。いつか自分もあの場にたてるよう、練習に励んで参ります。

した。

原田
スポンサーサイト



新人BR大会を終えてーその7ー

2017.07.03 21:15|大会
ちわ。
私、先日行われた新人ビームライフル大会で181.1点で男子9位となった射撃部1年の原田です。

自分が選手として出場する初めての大会でしたが、そもそも私は中高と運動部ではなかったので、試合に出るとはどういうことか全くわからず、前日の夜からとても緊張しました。いざ射座に入るとさらに緊張が増し、射線をとる際、手の震えが止まらずきちんととることができませんでした。1S目は88.1点と普段よりも悪い点数を取ってしまい、「このままでは入賞という目標が達成できない」と思い気持ちが沈んでしまいました。しかし、時間には余裕があったので一回コート脱ぎ、置いてあった椅子で数分休憩を取ることにいたしました。休憩を取ったことで「まだ10発ある。諦めず最後まで撃てばいけるかもしれない」とポジティブな思考ができるようになった私は2S目もいいスコアではないものの、93.0点と1S目から点数を伸ばすことに成功しました。

同期が多数入賞を果たすなか、9位で終わったことはとても悔しく、また前回書かせて頂いた「ビーム大会で満足する結果を残す」という抱負を果たせませんでしたが、ビーム大会に向けて練習し無事に出場できたことを感謝いたします。指導にあたって下さった先輩の皆様、本当にありがとうございました。この経験を活かし、次の大会では必ず自分が納得いく点数が出せるよう、練習に邁進して参ります。

先輩方、OB・OGの皆様にはまだまだご迷惑をおかけしますが、引き続きご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。

した。

新人BR大会を終えてーその6ー

2017.07.03 00:02|自己紹介
私,新人BR大会において185.0点で7位に入賞いたしました藁品です。

入部してから初めての大会となりましたが,緊張のあまり何があったかいまいち覚えていないというのが本音です。反省点や感想などを上げろと言われれば,頭が真っ白にならないようにメンタル面を鍛えなければならないということと、サイト合わせをしっかりとしなければならないと思ったことです。

自分の射座の一つ前は、他大学の選手であり、我々と違ってビームの設備がないためでしょうか、2点台を出したり急に10点台を出したりと、恐らくサイトが全く調整されていない状態だったように思われます。なので自身の番が来たらまずはサイトを合わせることに全神経を注ごうと思っていたのですが、普段の練習では置き撃ちでサイト合わせを行っていたため、立った状態でのサイト合わせが思ったように上手くいかず、時間内に自分の満足できる調整ができていなかったように思えました。さらに、元々緊張し易い性分であるため、本射が始まった途端に汗が止まらなくなり、足も震えていました。それでも1S目は96点と、普段の自身の平均にしては良い成績を残せたのですが、やはり集中力の途切れからか、2S目は7点台を幾度か出し、結果として89点という結果をだすことになりました。今回の結果にはあまり満足がいきませんでした。

しかし今回の大会において、自身が入部した当初は点取りでは150台を出すのが普通という実力でしたので、この度7位ながらも無事入賞することができたのは、先輩方のサポートやアドバイスがあったからだと考えております。今後も先輩方にはご迷惑をお掛けすることがございますでしょうが、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。