10 | 2013/11 | 12
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

慶應義塾體育會射撃部

Author:慶應義塾體育會射撃部

アクセス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慶早戦三連覇!!

2013.11.26 22:50|大会
主将を務めておりました、4年の佐野です。


11月23日に行われた今年度の射撃部慶早戦の結果は・・・

勝利!

というわけで有終の美を飾ることができました。詳しい結果はホームページ、BBSをご覧下さい。



そして、昨日をもって主将を3年の十文字に引き継ぎました。

今年度から幹部交代の時期を11月末に変更し、その移行期間として1年4ヶ月の間、主将を務めさせていただきました。

主将として、部として達成できなかった目標もありましたが、OB/OGの方々など指導、応援していただいた皆さまの力も借り、最後は慶早戦に勝利して後輩に引き継ぐことができました。今はほっとしております。

「慶早戦勝利後の記念写真」 

DSC00746 のコピー



「OB/OGのみなさんと」

DSC00748 のコピー



射撃は個人競技ですが、チームの力やカラーは結果ににじみ出てくるものだと思います。

今年は関東で総合4位、全日本学生選抜でも総合4位、インカレではP60団体・個人ともに準優勝、関東学生ARSBRでP60個人優勝、そして慶早戦3連覇達成と、ここ数年着々と上へと進めてはいますが、より上を目指すためにはもっとチーム全体を変えていかなければいけないと考えています。

辛いこと、大変なこともたくさんあると思いますが、やる気あふれる新幹部4人の意気込みを聞いて、彼らなら自分たちにはやりきれなかったこともやってくれる、より良い部にしていける、と確信しています。




ちなみに現役最後の1発は・・・

DSC00686 のコピー

「9.1点」

でした・・・


よく試合の最後の1発だけは時間をかけてでも10点を狙ってしまうのですが、今回は緊張しそうなので余計なことは考えずペースを乱さないで最後まで撃とうと決めていました。

その結果が9.1点、でも積極的に撃っていった結果の9点なので不思議と後悔はありません。

が、10点の方がいいのは確かです。ここ最近の主将の現役最後の1発は9点らしいので、10点で引退するのはまた次代に託しておきます。
つまり・・・

がんばれ十文字!



OB/OGの先輩方をはじめ、9人の同期と後輩、それから応援してくださった皆さま、本当にどうもありがとうございました!


これからの射撃部もどうぞよろしくお願いします。



平成25年度 慶應義塾體育會射撃部主将 佐野智之
スポンサーサイト

いよいよ慶早戦

2013.11.23 00:13|日常
こんばんは。
初めてブログを担当致します、射撃部一年の大平です。


さて、今日はいよいよ伊勢原での慶早戦。この一年の総決算であります。

休養に努める人、イメージトレーニングをする人、緊張をほぐそうとする人、眠れずにブログを更新する人…全部員、この一年を振り返ってそれぞれの思いを抱いていることでしょう。

しかしながら、「慶應勝利」の強い意志は共通のものです。

レギュラーの方々が一点でも高い点数を撃てるよう協力し、また自分が悔いのない射撃ができるよう頑張っていきたいと思います。


下級生と致しましては、この協力の一つが的書きです。
射手の方が少しでも高い点数を撃てるよう、精魂込めて書き上げられた的、的、的。

談笑に始まり沈黙と疲労に終わるこの壮絶な戦いも、先週末でひとまず終わりを迎えました。やったね。


DSC_1333.jpg
↑我らが戦友、VICUNA(的書き用ボールペン)


そう、本塾の的は数字がきれいなことで有名ですが、なにより一枚一枚にかける思いが桁違いであります。
射手の皆様、ぜひ最後の一発まであきらめず執念深く撃たれますようお願い申し上げます。


今季最後の試合、『丘の上』を歌い有終の美で飾りたいです。


慶應義塾體育會射撃部1年
大平直矢

新人戦!!@朝霞

2013.11.15 23:00|大会
日一日と寒さが募る今日この頃ですが、皆様如何お過ごしでしょうか。
お初にお目にかかります。今回のブログを担当することとなりました、射撃部1年の小野澤と申します。
以後、宜しくお願い致します。

さて、先週の11月7日から10日にかけ、朝霞射場にて新人戦兼AR・SBR大会が行われましたのでご報告致します。
今回は1年生が主役の大会で、団体も1年生のみで構成されています。種目は10mS40です。
本塾からは新人として、大平、宮崎、園田、私小野澤の4名が出場致しました。

まず朝霞射場はARが半屋外なため、風雨の影響をダイレクトに受けます。晴れている日は的が明るくて黒点が見にくいそうです。
DSC00278-2.jpg
↑半屋外のAR射座。的側には屋根もありません。吹きっさらしのようになっています。

私が撃った試合初日は生憎の雨。伊達に雨女ではございません。若干着弾が下になるか?くらいの印象でしたが、特に問題はなかったです。それよりも上級生がすぐ後ろで見ている、塾旗が後ろに立っているという状況で撃つのは大変緊張しました。それでもいつも通りのことを、いつも通りにやる。それを頭にただひたすら的と向き合うことにしました。射撃部に入ってから気づいたのですが、私は意外とひとつの物事に没頭してしまうようで、的と銃(命名:さゆりさん)と私しかいないと思ってしまうような空間がとても好きです。メンタルも最初は緊張のあまり自分が何をしているのかもわからなくなってしまうような感じでしたが、今は落ち着いて的と向き合うことが出来るようになりました。

結果、私は380点で未経験者の部において優勝することが出来ました。なお、園田が4位に入賞致しました。
ここまで紆余曲折ございましたが、諸先輩方のご指導のおかげでこのような結果を収めることができました。
本当にありがとうございました。
私個人と致しましては、優勝という結果に甘んじず、まだまだ上にいきたいと思っております。そのための努力は惜しまず、一番大切な射撃が好きだという気持ちを忘れずに、これからも練習に励んで参りたいと思います。

DSC00316-1.jpg
↑集合写真。OBの方も応援に来て下さいました。

来週にはこれまでの集大成、慶早戦も控えております。まだまだ射撃を始めたばかりではございますが、ベストを尽くせるよう努めて参りますので、ご指導と応援のほど今後とも宜しくお願い申し上げます。

夜寒の折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

慶應義塾體育會射撃部 1年
小野澤成実


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。